採用情報

先輩の声:町田恵祐(営業部)


入社のきっかけは?

営業しか目に入らない感じで就活してました。
きっかけは藤田晋さんの本を読んで「営業ってかっこいい!」と思って。

最終面接で直接社長から「うちにおいで」と言ってもらえたことと、専務とも話をして、いいところだけじゃなく正直な話もしてもらえてこの会社なら飾ってないしいいなと思ったのが決め手です。

今の仕事内容は?

まだ勤めて1年経ってないですが、いろんな案件を任せてくれます。自分でお客さまとのストーリーを考えて決定権まで与えてくれて。

やりとりの中で難しい場面が出てきたら、上司に話すとちゃんと助けてくれますし。
今は上司から引き継いだり、新規のお客さまを数社任せてもらえている現状を考えると、いろんな面で自由度は高く、本当に恵まれていると思います。

入社して発泡スチロールが生活のいろんな場面で使われていると実感しています。
僕はまだまだ知識が足りなく、お客さまに指摘される場面もあるので、負けないように努力していきたいです。
僕は実年齢に見られることがまずないので(笑)。
そういった意味でももっと知識を身に付けて、ちゃんと受け答え出来るようになりたいなと思っています。

入社を検討されているみなさまへ

学生の時に思い描いていた姿と違う部分はありますが、毎日本当に楽しいです!
仕事って続けるうちにだんだん解ってきて面白くなるのかなって最近思っています。ぱっと見だけで判断しないで、とりあえずやってみるというのが一番大事かなと思います。
就活してた頃の自分に言ってあげたいです(笑)。

入社3年目インタビュー「営業は気遣い」+α(内容)一歩先(時間)の対応を

現在どのような仕事を任されていますか?

今春で4年目を迎え、10社を担当させて頂いています。
顧客層は、自動車部品メーカーやホームセンター等 幅広く、知識と提案力が必要とされます。上司のアドバイス、助けを頂きながら 日々営業活動に取り組んでいます。

主な内容としては、新規案件への見積回答や納品、又 全国の店舗へ製品陳列等です。
様々な経験が出来る とても恵まれた環境ですが、当然その分 責任も大きいです。
しかし、自分の受注した製品が、工場で生産され 実際に御客様が使用されているのを見ると、大きな達成感・充実感を味わう事が出来ます。

仕事上で大変だった事は何ですか?

複数の案件をほぼ同時に対応する事、です。
短時間で、すばやく「優先順位を付け、効率良く対応する事」が求められます。
「何をどこまでやったのか」分からなくなり、焦ってしまう場面も多々あります。
焦ってしまうと普段では起こさないようなミスも起きやすくなってしまいます。

この身は一つ、ですので
①まずは落ち着く
②分かったふりをせず、ゴールまでの道のりを描き、分からない時は上司に相談する
③描き終わったら全力で走る。

これらを心掛けるようにしてます。
当たり前のようですが、これを当たり前にこなす事がいかに難しいか。社会人になって改めて分かりました。

「自分が成長したな」と思う事は何ですか?

弊社では、「営業は気遣い」という教えがあります。
御客様に「+α(内容)、一歩先(時間)」の対応をしていこうというものです。
自分はまだまだですが、少しずつそれが出来るようになってきたかな?という感じです。

今後の目標は何ですか?

現在、担当させて頂いている御客様のほとんどが、上司から引き継がせて頂いたものです。
つまり、これまで先代が築き上げてきた結果・信頼があってこそのもので、私一人で得たものでは御座いません。
今後、「新規顧客の開拓」を目標に営業活動に取り組んでいきたいと考えています。
その為には、まだまだ自分に足りないものがありますので、一歩一歩成長していきたいです。
努力あるのみですね。