ニュース

ニュース一覧

第22回 機械要素技術展に出展いたします!

この度弊社では6月20日・21日・22日の3日間、東京ビッグサイトにて開催される、『第22回 機械要素技術展』へ出展するする事となりました。この展示会は製造業向け技術展としては日本最大級を誇り、近年大変注目を集めています。

展示会においては、様々な分野のものづくりに携わるエンジニアやバイヤーが訪れ、新技術、新製品の開発に役立てています。

弊社では、発泡スチロールを使った、『樹脂・金属との一体成形』『独自技術の表面皮膜成形品』『設計から量産までのトータルシステム』などをご提案させて頂きます。弊社ブース内に各種成形品を展示いたしますので、お気軽にお立ち寄り下さい。


  1. 開催日       : 6月20日(水)・21日(木)・22日(金)
  2. 時間         : 午前10時 ~ 午後6時まで ※最終日(22日)は午後5時で終了
  3. 場所         : 東京ビッグサイト
  4. 出展ブース№   : 東第5ホール 59-36
  5. URL           : http://www.mtech-tokyo.jp/

mtech_header_logo.png

国内の製造メーカーが一同に集まり、様々な専門技術の展示を行う技術展です。製品導入・比較検討の絶好の場であり、機械要素・加工技術に直接触れる事でじっくりと比較検討ができます。

弊社は発泡スチロールの成形技術を展示しておりますが、そのほかにも、モーション技術/ネジ・締結技術/バネ/機械材料・加工技術/試験・計測機器・センサ技術/パリ取り・表面仕上げ技術などの各種メーカー約2,600社が出展しています。また、第29回 設計技術ソリューション展/第26回 3D&バーチャルリアリティ展/第9回 医療機器 開発・製造展も同時開催しています。

この度、旭化成は経済産業省 中小企業庁より、2018年『はばたく中小企業・小規模事業者300社』に選定されました。

 

『はばたく中小企業・小規模事業者300社』とは

ITサービス導入や経営資源の有効活用等による生産性向上、積極的な海外展開やインバウンド需要の取り込み、

多様な人材活用や円滑な事業承継など、様々な分野で活躍している中小企業・小規模事業者の取り組み事例を対象に選ばれた企業です。

 

今回弊社が受賞しました主な理由は下記点をご評価頂きました。

  1. 女性が働きやすい職場環境作りによる雇用確保

  2. これまで培ってきた発泡スチロールの一体成形技術と表面被膜成形技術

  3. 自動化による業務効率化

 

この度の受賞を機に更なる技術力、提案力、生産性を高め、

世の中に喜ばれる製品とサービスを通じ社会に貢献して参ります。

※詳細は中小企業庁ホームページに掲載されておりますので、下記リンクよりご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/monozukuri300sha/2018/ninai012_asahikasei.pdf

IPF JAPAN 2017(国際プラスチックフェア)御来場  誠に有難う御座いました

 

 20171024日(火)~28日(土)に幕張メッセにて開催されました

IPF JAPAN 2017』では国内外より弊社ブースへたくさんの方にお立寄り頂きました。

ご来場、誠に有難う御座いました。

 

 5日間に渡って開催された本展示会では、発泡スチロール『樹脂・金属との一体成形』

『独自技術の表面皮膜成形品』『設計から量産までのトータルシステム』を

御提案させて頂きました。

 

 また、今回初展示の『外観意匠部品との一体成形品』や『印刷を付加した表面皮膜成形品』には、

多くの反響がございました。この技術によりこれまで使用が困難であった場面での

発泡スチロールの活用が期待されています。

 

 今回 御来場頂けなかった方も、当ホームページ、お問い合わせフォームより

是非お気軽にご相談下さい。

 

今後も独自技術で皆様のお役に立てる様努めて参ります。

 

IPF JAPAN 2017(国際プラスチックフェア)に出展致します!

この度弊社では10月24日・25日・26日・27日・28日の5日間、幕張メッセにて開催される、

『IPF JAPAN 2017 』へ出展致します。

この展示会は製造業向けプラスチック展としては日本最大級を誇り、近年大変注目を集めています。

展示会においては、様々な分野のものづくりに携わるエンジニアやバイヤーが訪れ、

プラスチックに関わる新技術、新製品の開発に役立てています。

弊社では、発泡スチロールを使った、『樹脂・金属との一体成形』『独自技術の表面皮膜成形品』

『設計から量産までのトータルシステム』などをご提案させて頂きます。

弊社ブース内に各種成形品を展示いたしますので、お気軽にお立ち寄り下さい。


    1. 開催日      : 10月24日(火)・25日(水)・26日(木)・27日(金)・28日(土)
    1. 時間        : 10:00 ~ 17:00まで ※最終日(10月28日)は16:00で終了
    1. 場所        : 幕張メッセ
    1. 出展ブース№ : 第5ホール 52117
    1. URL        : http://www.ipfjapan.jp/

 2017_logo.jpg

国内外のプラスチックに関わるメーカーが一同に集まり、様々な専門技術の展示を行う

3年に1回の技術展です。製品導入・比較検討の絶好の場であり、

プラスチック加工技術に直接触れる事でじっくりと比較検討ができます。

皆様のご来場心よりお待ちしております。

topimg.jpg

 

化学工業日報に記事が掲載されました!

7/4(火)付の化学工業日報で弊社独自のEPS成形技術を紹介する記事が掲載されました。

この記事の中では、6月に東京ビッグサイトで開催されました、『第21 機械要素技術展』で初めてご紹介した、

『外観意匠性を損なわない発泡スチロールの一体成形技術』について、掲載されています。

『外観意匠性を損なわない発泡スチロールの一体成形技術』は、弊社の独自技術として、3年前より開発を着手し、

今までの発泡スチロールと他の樹脂(プラスチック)との一体成形技術を発展させ、

外観意匠性を求められる樹脂(プラスチック)成形品の表面を保持する事を可能にした技術です。

EPSビーズを発泡させるための熱をインサートする樹脂(プラスチック)に伝わらない金型構造を実現させ、

樹脂の表面が変形してしまうなどの課題をクリアーしました。

大手ヘルメットメーカー様で採用され、従来、別々の樹脂と発泡スチロールで接着剤を用いて組立していましたが、

この一体成形技術(接着レス)により、大幅な工程の簡略化や軽量化を実現する事ができました。

こちらの成形技術にご興味ある方は、当ホームページにございます、お問い合わせフォーム

御見積り相談フォームで随時受け付けております。

また、より詳しい内容や御質問等ございましたら、弊社担当者まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

DSC_0202.JPG

この賞を機にさらに技術力や提案力そして生産力を磨き、

社会に貢献できる企業となるよう社員一同努力して参ります